北海道酒造組合
HOME
お酒の豆知識燗酒のつけかたなど北海道産の酒造好適米お酒の種類


お酒のはなし

北海道産酒造好適米
清酒は、時には冷やで、時には燗で
北海道産酒の特徴
北海道のちょっと変わった清酒


お酒の種類について

「吟醸酒」、「純米酒」、「本醸造」、「生酒」・・・・一口に日本酒といっても、その種類はさまざまです。飲み方は、飲む人の好みによって自由ですが、ここでは標準的な飲み方を紹介しておきましょう。参考にしてみてください。また、寒い北海道ではお燗で飲むのも「ホッと一息」人の心を癒します。


表示区分 製法品質基準 飲み方
(◎最適、○適、△やや不適、×不適)
冷やして お湯割 ロック 水割り
吟醸酒 精米歩合60%以下の白米、米こうじ及び水と醸造アルコールを原料とし、吟味して製造した酒で、固有の香味及び色沢が良好な清酒。(注)低温でゆっくり発酵させ、粕を多く取る等、杜氏が技術の粋を尽くして造った最高品質の芸術作品で品評会等に出品される。「以下吟醸純米酒、大吟醸酒同じ。」 × ×
吟醸純米酒 吟醸酒のうち、白米、米こうじ及び水だけを原料とした清酒。
大吟醸酒 吟醸酒のうち、精米歩合が50%以下の清酒。
純米酒 白米、米こうじ及び水を原料として製造した清酒で、香味及び色沢が良好な清酒。
特別純米酒 純米酒のうち、精米歩合が60%以下のほか、同一製造場の他の純米酒との違いを原料米、製造方法その他の客観的事項をもって説明表示する清酒。
本醸造酒 精米歩合が70%以下の白米、米こうじ、醸造アルコール(使用量は白米の重量の10%以下に限る)及び水を原料として製造した酒で、香味及び色沢が良好な清酒。
特別本醸造酒 本醸造酒のうち、精米歩合が60%以下のほか、同一製造場の他の本醸造酒との違いを原料米、製造方法その他の客観的事項をもって説明表示する清酒。
原   酒 製成後、加水調整をしない清酒。 ×
生   酒 製成後、一切加熱処理をしない清酒。 × ×
生貯蔵酒 製成後、加熱処理しないで貯蔵し、製造場から移出する際に加熱処理した清酒。 × ×
生一本 自社の単一の製造場のみで醸造した純米酒。
樽   酒 木製の樽で貯蔵した清酒。(注) 独特の香味を持つ昔懐かしい清酒。
古   酒 1年以上貯蔵した清酒。(注) 貯蔵年数によって○年古酒と呼ばれる、長期間経つと(10年以上)酒は光沢のある黄金色を呈し、味はまろやかになるが、老ね香が強い。
手造り酒 製造工程中、蒸米やこうじや酒母を手造りで行った清酒で、しかも純米酒又は本醸造酒として製造した清酒。
ふな口酒 しぼった直後の酒をびん詰めした清酒。若干炭酸ガスを含んでいるので、味の濃いさわやかな味がする。生酒なので長くは置けない。 ×
活性清酒 清酒もろみ中の蒸米やこうじの粒を細かく砕き、目の粗い布でこした白く濁った清酒。(注) 清酒酵母が生きているので、活性清酒と呼ばれる。長くは置けない。 ×
甘口酒 日本酒度がマイナス(比重が重い)で、甘い口当りで濃厚なタイプの清酒。
辛口酒 日本酒度がプラス(比重が軽い)で、辛い口当りで切れのよいタイプの清酒。
<備考> 吟醸酒から樽酒までは、法令によって表示基準が定められています。