記事一覧

平成26酒造年度新酒鑑評会始まる。今年の金賞受賞は如何に!

ファイル 118-1.jpg

 4月を迎え、清酒造りの最盛期は終わりました。
 これからは熟成のための貯蔵の季節です。
清酒は、基本的に一夏を越えて出荷されるものです。
 この熟成新酒は、「冷おろし」とか「秋上がり」と呼ばれています。
 9月初めに、今年の酒の出来具合を見るためにタンクから最初に汲み出すことを「呑み切り」といいます。その訳は、タンクには「呑み口」という汲み出し口が付いています。その呑み口を初めて開封することから「呑み切り」というのです。
 これは、「搾りたて」とか「初しぼり」といったお酒とは違うタイプのお酒です。
 清酒は、いろいろなタイプのものがあるのです。
 ところで、4月、5月は新酒鑑評会の季節です。
 早速、札幌校税局主催の新酒鑑評会がありましたが、今年は、次の蔵が金賞を受賞しました。
 吟醸酒の部(3蔵) 日本清酒、男山、福司酒造
 道産米吟醸酒の部(4蔵)日本清酒、田中酒造、福司酒造、
             合同酒精大雪の蔵
 純米酒の部(4蔵)日本清酒、田中酒造、国稀酒造、福司酒造
                        以上です。
 この後、5月24日には全国新酒鑑評会の結果が発表されます。
 最近の北海道は、毎年、上位に食い込むようになりました。
 結果は、速やかに、このコーナーでお知らせします。
 美味しく進化し続ける道産清酒を、是非、楽しんでいただきたいと思います。
 

4月11日(土)~12日(日)は恒例の「くりやま老舗まつり」です

ファイル 117-1.docx
ファイル 117-2.jpg

 毎年、多くの人で賑わう恒例の「くりやま老舗まつり」が4月11日(土)~12日(日)に開催されます。
 この時、小林酒造の蔵開放となり、毎年多くの人で賑わいます。
 味の屋台、北の錦無料試飲・即売会、郷土芸能等々多彩な催しが行われます。
 当日は、相当込み合いますが、楽しい行事です。
 詳しくは、上部の「ファイル117-7.docx」クリックし、開いて見てください。

平成26年度北海道若年優秀技能者知事賞に田中酒造の南澤由唯さん受賞

ファイル 116-1.jpgファイル 116-2.jpg

 1月26日付で、田中酒造の南澤由唯さんが北海道若年優秀技能者知事賞を受賞しました。
 南澤さんは、平成20年に田中酒造に入社、平成23年に2級酒造技能士に合格、平成26年には1級酒造技能士に合格し、新商品の開発に努力しています。
 また、海外にも道産酒振興のために出張するなど、元気いっぱいの若き女性です。
 去る2月20日に京王プラザホテルで知事賞の贈呈式がありました。
 北海道の酒蔵は、人材育成にも頑張っています。
 皆様の応援よろしくお願いいたします。

平成27年さっぽろ雪まつり「北海道地酒販売所」も大盛況に終わる。

ファイル 115-1.jpgファイル 115-2.jpgファイル 115-3.jpgファイル 115-4.jpgファイル 115-5.jpg

 今年のさっぽろ雪まつり「北海道地酒販売所」も、皆様のご支援により、大盛況に終了しました。
 昨年より会場を一回り増床しました。
 よっかたです。ゆとりが少し出ました。それでも2月7日の土曜日は、これまでの最高のご来場者で会場は溢れんばかりとなってしまいました。
 酒蔵巡りスタンプラリーのスタンプ店でもあり、今年は152名の方からスタンプ帳の提示がありました。
 今年も外国語で対応できるお店として、外国人にも楽しんでいただきました。
 外国人のご来店者が実に多くなりました。
 ショット販売、ボトル販売とも売れました。宅配便も多くなりました。過去最高の記録です。
 甘酒は、今年も評判がよく大人気でした。
 酒粕はメーカーから直接、水も酒蔵の仕込み水です。
 来年も、改善を加え、ますます皆様に喜んでいたでける店にしますので、どうぞよろしくお願いします。

平成26年10月全国きき酒選手権大会の入賞祝賀会が行われました

ファイル 114-1.jpg

 11月21日(金)に、この度の全国きき酒選手権大会で団体3位の佐藤さん、紺谷さん 個人戦4位の佐藤さんの入賞祝賀会が実施されました。
 北海道勢として、過去34回の中で歴史的快挙を成し遂げたお二人から本番の状況などをお聞きし、入賞発表にアナウンスされた時には、驚きと感激でしたとの弁が語られました。
 これで道がつきましたので、 来年も、9月の「全道きき酒チャンピオン」に多くの方が参加し、是非、全国大会に行って行っていただきたいと思います。