記事一覧

北海道地酒&鮨フェア2016が10月12日(水)大盛会裏に終了しました。

ファイル 133-1.jpgファイル 133-2.jpg

この時期恒例の北海道地酒&鮨フェア2016が10月12日(水)札幌
パークホテルで開催されました。
今年は、オープニングにキッズダンスチームのステージショウを入れるなどして、活気あるフェアとなりました。
来場者は470名で、昨年より50名多く、北海道酒造組合傘下の日本酒・焼酎蔵12蔵の80種類のお酒を楽しみました。
また、鮨組合参加店の職人が握るお鮨も味わい、楽しみました。
こんな楽しい会は経験したことがないとの来場者の声。
鏡開きや、吟醸酒等の当たるお楽しみ抽選会は、来場者の皆さんにやっていただくというフレンドリーが売りのフェアです。
来年もお楽しみに。
会場風景の動画は、Facebookにて公開してます。

10月1日全国一斉日本酒で乾杯イベント盛大に開催

ファイル 132-1.jpg

10月1日全国一斉日本酒で乾杯が札幌市中央区南2東3の頓宮で行われました。
これは全国行事として行っています。外国でも行われています。
北海道会場は104名でした。全国ではトータル76,393名の有志が一斉乾杯をしたそうです。
 10月1日は日本酒の日です。
 これから、一夏熟成貯蔵した、まろやかな日本酒が出荷される季節です。その代表的なお酒は「ひやおろし」「秋あがり」といった名称で商品化されております。ご賞味あれ。

10月12日(水)地酒&鮨フェアのトピックス紹介

ファイル 131-1.png

北海道&鮨フェアの10月12日(水)が近づいてきました。
今日は、その中のトピックスを取り上げます。
それは季節のお酒「ひやおろし、秋あがり」です。
冬に日本酒を仕込み、春先に火入れ(加熱殺菌)して夏季は熟成のための貯蔵に入ります。夏の温度の高い時は2度目の火入れをして出荷しますが、貯蔵庫内と野外の気温がほぼ等しくなる秋には火入れ無しで出荷します。秋は熟成新酒の時期です。この代表的なお酒が「ひやおろし、秋あがり」と呼ばれるお酒です。
まろやかで美味しいですよ!
これが、10月12日の地酒&鮨フェアでは5メーカーから出品されます。
ご期待ください。

日ハム戦・ホクレンスペシャルナイター「道産日本酒無料試飲ブース」大盛況

ファイル 130-1.jpgファイル 130-2.jpg

日本ハムの優勝マジックは、ついに「1」となりました。
今夜にも優勝が決まるかも。
ところで9月23日の日ハムvs楽天戦は、秋のホクレンスペシャルナイターで行われました。
ホクレンスペシャルナイターでは、毎回、道産日本酒無料試飲ブースが設置されます。
これには、いつもBBマスコットとミス道米がサービスしてくれます。
定番となったこのブース、長蛇の列です。次回、皆さんのお越しをお待ちしております。

「パ酒ポート」イベントの番外編「酒フェス天狗山」」が大人気!

ファイル 129-1.jpgファイル 129-2.jpg

北海道組合が応援している「パ酒ポート」イベントの番外編の「酒フェスin天狗山」に9月22日(秋分の日)行ってきました。
大変な人気で、人出がいっぱい!
日本海を見下ろす天狗山会場でのイベントは雰囲気よかったです。輪踊りが盛り上がりましたね。
各ブースのスタッフも頑張りました。
帰りのロープウエイは、ピーク時には結構時間待ちでしたが、それも苦にならないくらい楽しいイベントでした。来年も期待します。