記事一覧

地産地消「地酒で乾杯フェス」の開催

ファイル 169-1.jpgファイル 169-2.jpgファイル 169-3.jpg

 北海道酒造組合主催の地産地消「地酒で乾杯フェス」を9月7日(金)午後6時から「くりやまカルチャープラザEki(栗山町中央2丁目1)」で開催いたします。
 このイベントは、栗山町の乾杯条例制定(平成29年1月施行)を記念して栗山町内はもとより周辺市町村の皆様との交流を図り、地元農産物を活用した食文化、産業振興や郷土愛を育むことを目的としています。
 会場準備の関係で、先着100名(会費3,000円(1名)、当日券なし)、チケット販売所はポスター(写真)掲載の栗山町内の3箇所となっています。
 北海道酒造組合では販売していませんのでご注意ください。
 乾杯フェスでは、地元小林酒造㈱のほか数量限定ですが道内12清酒製造者の純米吟醸酒又は純米酒を試飲することができます。(写真)
 なお、お問い合わせ先は、小林酒造 中田 090-6698-8711 まで。

本格焼酎&泡盛フェスタ2018いn北海道の応募受付が始まりました

ファイル 168-1.jpgファイル 168-2.jpg

 「本格焼酎&泡盛フェスタ2018in北海道」が平成30年9月14日(金)京王プラザホテル札幌で開催されます。
 参加料は1組2,000円、参加人員は100組(200名)、応募締切は8月27日(月)です。
 詳しいイベント情報は   
 https://www.hbc.co.jp/form/awamori2018/ をご覧ください。

札幌国税局 新酒鑑評会表彰式及び製造技術研究会

ファイル 167-1.jpgファイル 167-2.jpg

 平成30年4月9日札幌国税局新酒鑑評会表彰式と製造技術研究会が行われました。
 金賞受賞蔵は①道産米吟醸酒の部4蔵(日本清酒、合同酒精、男山、福司酒造)、②吟醸酒の部2蔵(日本清酒、高砂酒造)、③純米酒の部4蔵(日本清酒、二世古酒造、男山、福司酒造)です。
 また、同日「製造技術研究会」が行われ、道内の製造技術者が金賞受賞蔵出品酒と自社出品酒をきき酒しながら各蔵の品質向上のため意見交換を行っていました。

さっぽろ雪まつり「北海道地酒ショット&ボトル販売所」来所のお礼

ファイル 166-1.jpgファイル 166-2.jpg

 第69回さっぽろ雪まつり期間中「北海道地酒ショット&ボトル販売所」にお越しいただきありがとうございました。
 大通公園西10丁目会場の南側から北側に移転したことから迷われた皆様にはお詫び申し上げます。
 今年の北海道地酒販売所は、前半他会場のイベント開催により集客力が落ち、おいしい甘酒と燗酒の販売が低迷しましたが、後半は常連の皆様も加わり賑わいを見せました。
 来所された皆様には「販売酒類一覧チラシ」をお配りし、お好みのお酒の銘柄が判るようにいたしました。
 北海道地酒販売所終了後は、酒類小売店や飲食店でお好みの道産酒をご指名くださいますようお願いいたします。

さっぽろ雪まつり「北海道地酒ショット&ボトル販売所」の開設

ファイル 165-1.jpgファイル 165-2.jpg

 北海道酒造組合では、さっぽろ雪まつり期間中(平成30年2月5日(月)〜2月12日(月・祝日))大通公園西10丁目UHB会場に「北海道地酒ショット&ボトル販売所」を開設します。
 営業時間は午前11時から午後8時までとなっていますが、最終日は商品が少なくなり次第終了しますので、例年午後6時ころまでの営業となっています。
 この販売所は北海道内の清酒、本格焼酎など約70種類をショット販売価格で味わっていただき、お好みの商品はボトルでも購入できます。
 写真の販売酒類一覧のとおり、小売店であまり並んでいない商品もありますので、是非お立ち寄りください。
 なお、商品の紹介・写真等は北海道酒造組合のフェイスブックで紹介しますので、是非ご覧ください。
 フェイスブックアドレスは、https://www.facebook.com/hokkaido.sake/ です。