記事一覧

4月13日(土)~14日(日)「2013年くりやま老舗まつり」開催

ファイル 90-1.pdf
ファイル 90-2.pdf

 北海道酒造組合の平成24年度の事業が3月で終了です。
 お陰様で、道産酒(清酒・単式蒸留しょうちゅう)は、皆様のご愛顧を受けまして、蔵出し数量は、昭和41年以来、46年振りに上昇に転じました。
 しかも、今や全蔵の原料米に占める道産米の割合は5割を超えています。
 北海道のお酒は美味しいと、高く評価されるようになりました。
 平成25年度も、前年度同様のイベントを継続して行くこととしております。通常総会で承認されましたら、直ちに年間イベントスケジュールをホームページに掲載します。
 今回は、栗山町の小林酒造の蔵開放イベントをご紹介します。
 4月13日(土)~14日(日)に「くりやま老舗まつり」が開催されます。
 老舗というのは、小林酒造と谷田製菓のことです。
 毎年、この時季に開催され、たくさんの人出で賑わいます。
 お昼の時間帯は大変混み合いますので、お早めのお出掛けをお勧めします。
 詳しくは、上部の[ファイル90-1pdf][ファイル90-2pdf]をクリックしてください。チラシが出ます。
 
 

今年のさっぽろ雪まつり「北海道地酒販売所」は、これまでに繁盛振り!

ファイル 89-1.jpg

 さっぽろ雪まつり西10丁目UHB会場に毎年開設されている「北海道地酒販売所」、今年も凄い繁盛振りでした。
 今年は、これまでの繁盛振りから、会場を1回り大きくし、お客様には、ゆったりとした場をご提供することができました。
 今年の特徴は、ボトルが飛ぶように売れ、最終日の昼からは、用意した50アイテムが続々と完売となり、最終的には、12本入りのダンボール箱が1箱残ったのみとなりました。
 最近は、道産酒に追い風が吹いているとは感じていましたが、これ程までに人気が高まっているとは驚きました。
 今年も、いろいろとイベントを仕掛けて行きますので、ご期待ください。
 お陰様で、各蔵の出荷数量も増加しております。
 全国レベルでは、清酒の売れ行きがそうでもないのに、北海道は何故上向きなのでしょう。
 米処は酒処のイメージが出来上がってきた。いや、実際に北海道の清酒の美味しさがお客様に浸透してきたのだと思います。
 お客様あっての酒蔵、これからも、よい清酒造りに励んで行きます。
もう一つの人気商品は、「甘酒」!
とても美味しいとの評判が益々高まっています。
それは何故?理由があります。
 原料となる酒粕が、この日のために、特別にお願いしておいた純米酒粕なのです。また甘酒の製造技術は、研究に研究を重ねたものです。美味しさは、この二つの要因です。
 来年も、皆様のお越しをお待ちしております。
 
 

旭川老舗酒蔵男山㈱2月10日酒蔵開放

ファイル 88-1.pdf

 旭川の老舗酒蔵「男山㈱」が今年も2月10日(日)に酒蔵開放
行事を行います。
 時期としては新酒の仕込みの最盛期です。
 各種企画を準備万端お待ちしております。
 詳しくは、添付しているチラシをお読みください。(ファイル
88-1pdfをクリックするとチラシが開きます。)

北海道酒造組合イベント情報

ファイル 87-1.jpgファイル 87-2.jpgファイル 87-3.jpgファイル 87-4.jpgファイル 87-5.jpg

 去る10月10日には最大の消費者イベント「北海道地酒フェア2012」が札幌パークホテルにおいて実施しました。
 お陰様で、年々、人気が高まり、今年は550名定員で入場券の販売を行いましたが、途中で完売となり、急遽50席をローソンチケットで追加販売しました。
 結局600席の大会場となり、主催者としては大変嬉しい結果となりました。
 皆様のご支援に心より感謝申し上げます。
 来年は、また趣向を凝らして10月第2週の水曜日に実施する予定をしておりますので、皆様の参加をお待ちしております。
 今年の残りのイベントは、現在、道産酒&北海道の鮨コラボを実施しております。
 内容は、1日のご来店で道産酒を飲んでくださればスタンプ1個、3個貯まればホームページトップに掲示されておりますとおり、特製スマイル猪口(特製巾着袋入り)」が贈呈されます。スタンプ3個で何個でもゲット出来ます。
 また、ダブルチャンスとして提出されたスタンプカードから抽選で道産酒720ml.壜200本が当たります。
 これは、スタンプカードを出されたお店にボトルキープされます。
 10月から11月末までのイベントなので、後1週間です。
 ボトルキープ券が当たった方はラッキーな12月を迎えられます。

「札幌新そばまつり」が盛会裏に終了。

ファイル 86-1.jpgファイル 86-2.jpg

 10月は、収穫の時、お酒は熟成新酒蔵出しの時期、イベントたけなわで、北海道酒造組合は大忙しです。
 10月22日(月)札幌パークホテルにおいて「札幌新そばまつり」が開催されました。
 1部、2部と2回開催され、総勢400名が来場されました。
 主催は「道新ぶんぶんクラブ」と「北海道麺類組合」ですが、お蕎麦と清酒、焼酎は相愛の仲、北海道クラブ酒造組合傘下の7清酒、焼酎蔵がブースを出しました。
 初めての試みイベントでしたが、とても良い雰囲気で会は進行しました。
 来年は、更に改善して実施されると思いますので、地産地消、道産酒(清酒、焼酎へのご支援よろしくお願いいたします。