記事一覧

ミス日本酒と全国日本酒フェアのご紹介

ファイル 148-1.jpg

 平成29年5月30日に2017ミス日本酒 グランプリの田中 梨乃さん(愛知代表:写真)と一般社団法人ミス日本酒の理事 大西 美香さんが北海道酒造組合を訪問されました。
 ミス日本酒は全国の清酒イベント等に参加し、日本酒及び日本酒の魅力を伝える、地域の食と・農産業に親しむ活動などに参加しています。
 北海道の海産物・農産物と日本酒とのコラボイベントなどの開催の際にお声かけくださいとのことでした。
 一般社団法人ミス日本酒のホームページアドレスはwww.misssake.orgです。
 なお、田中さんは6月17日(土)東京で開催される「全国日本酒フェア」にも参加されます。
 北海道酒造組合も同フェアの北海道ブース(45番)で23種類の清酒・リキュールと北海道のおつまみを販売します。有料イベントですが、是非お越しください。

すすきの道産酒愛好会のご紹介

ファイル 147-1.jpgファイル 147-2.jpg

 今回は、北海道産の清酒を味わい、道産酒愛好者の環を広げるとともに、会員相互の親睦を図ることを目的で活動している「すすきの道産酒愛好会」を紹介します。
 同会は写真の「すすきの道産酒愛好会例会日程」でおわかりのように年6回の例会(奇数月の第四火曜日)と忘年会を開催しています。
 例会では、清酒のきき当て、誕生日プレゼントイベントと例会ごとに決まっている酒蔵の開催時期に味わえる清酒約5種類を「海鮮家はこだて」の料理とともに楽しみます。
 平成29年5月23日(火)開催の第165回例会では、男山㈱(旭川市)の「純米大吟醸 北美月(道産好適米使用)」、「笹おり」、「純米生酒」、「御免酒」と「本醸造 北の稲穂」の5種類を味わいました。
 参加会員は写真のとおり、少し年齢は高めですが北海道産清酒を愛する気持ちは成年層以上です。
 同会では愛好会のより一層の活性化を図るため北海道産の清酒を知りたいという多くの方の新規加入を呼びかけています。
 なお、入会前に愛好会の雰囲気を確かめたいという方の例会への参加も可能となっていますので、7月25日「小林酒造㈱(栗山町)」、9月26日「㈲二世古酒造(倶知安町)など、希望する例会開催日の2週間前までに、澤田イベントプランニング(電話090-2692-8040)にご連絡ください。
 清酒は永い友達です。適正飲酒で道産清酒の需要拡大にご協力よろしくお願いいたします。

三島さんの芝桜庭園と二世古酒造

ファイル 146-1.jpgファイル 146-2.jpgファイル 146-3.jpg

 北海道の観光シーズン、今回は「倶知安町の三島さんの芝桜庭園」と「㈲二世古酒造」を紹介します。
 これから見ごろを迎える芝桜庭園は三島さんの好意で一般開放されており、満開時には約4,000㎡の花壇に、赤やピンク、白の花々が華やかに咲き乱れます。写真は昨年5月下旬に羊蹄山をバックに撮影したものです。
 この芝桜庭園の入り口にあるのが㈲二世古酒造の酒蔵(写真)です。
 酒蔵では季節に応じた清酒、単式蒸留焼酎の試飲販売を行ており、この時期は、今金特別本醸造生原酒「万太郎」、今金純米吟醸生原酒、たれくち本醸造生原酒(写真)及び二世古シリーズなどを用意しています。是非、お立ち寄りください。
 なお、㈲二世古酒造では未成年の方、自家用車等を運転される方の試飲はお断りしています。

北海道酒造組合の企画イベント

ファイル 145-1.jpgファイル 145-2.jpg

平成29年度 北海道酒造組合の企画イベントをお知らせします。
1「きき酒チャンピオン大会」(募集人員は60名程度)
  平成29年9月13日(水)午後6時(会場:日本清酒 ㈱)開催
  全国きき酒選手権(平成29年10月27日(金)に東京で開催)の
 予選会で、上位2名の方に全国選手権の出場資格を付与します。
  昨年の全国きき酒選手権では、北海道代表の加藤さんが個人の
 部で準優勝を果たしました。
2「北海道地酒&鮨フェア」(募集人員は500名程度:チケット購 入が必要)
  平成29年10月11日(水)午後6時開場(会場:札幌パークホテ ル)
  北海道の清酒と本格焼酎約70種類をショット引換券で購入し
 ていただき、本格にぎり鮨、酒肴弁当とともに楽しんでいただ
 くイベントです。
3「さっぽろ雪まつり地酒販売所」
  雪まつり開催期間中、大通西10丁目会場に開設します。
  道内の清酒、本格焼酎約60種類をショット購入して楽しんで
 いただくほか、気に入ったお酒をボトルで購入することもでき
 ます。
  開催日が近づきましたら、北海道酒造組合ホームページ、メ
 ールマガジン(北海道酒造組合「日本酒で乾杯推進会議」の会
 員登録者)及びフェイスブック等で情報を発信します。

「2017 増毛えび・地酒まつり」で金賞受賞酒のブレンド清酒販売

ファイル 144-1.jpgファイル 144-2.jpg

 札幌国税局新酒鑑評会金賞受賞酒のその後、第三弾は「國稀」を代表銘柄とする増毛町の酒蔵「国稀酒造㈱」です。
 平成29年5月27日(土)、28日(日)に開催される「2017 増毛えび・地酒まつり」とともに紹介します。
 写真は「酒蔵まつり」のポスターとイベント内容ですが、イベント内容の「まつり限定酒のご案内」に記載されている「吟風純米大吟醸 あお葉」が「道産米吟醸酒の部」で金賞を受賞した出品酒と同じタンクで醸造した清酒をブレンド・加水(アルコール度数の高い原酒に水を加えてアルコール度数や味わいを調整することを言います。)して製品化した清酒です。
 道産酒造好適米「吟風」を精米歩合40%まで磨いた大吟醸酒です。
数量限定での販売となりますので、お早めにお買い求めください。
 「増毛えび・地酒まつり」は毎年多くの観光客がおしよせる活気あふれるお祭りです。
お酒を楽しむためには、公共交通機関、観光ツアー等をご利用ください。
 なお、「酒蔵まつり」の写真は国稀酒造㈱のホームページ掲載の記事を撮影したものです。