記事一覧

ホクレン てんさい糖 スペシャルナイター

ファイル 151-1.jpgファイル 151-2.jpg

「ホクレンてんさい糖スペシャルナイター」道産清酒試飲会を平成29年6月10日(土)に開催しました。(ブースの写真)
道内11蔵の普通酒から純米吟醸酒を用意し、午後3時50分ころからプラカップ1,000杯限定で試飲会を開始しましたが、日本ハムファイターズのBB(写真)の応援もあり、午後5時10分には終了してしまいました。
 道産清酒ファンの方、清酒にあまりなじみのない方にも試飲していただき、また、ホクレンが実施したアンケートにもご協力いただきまして、ありがとうございました。
 ブースには女性の方も多く来られ、女性ファン層の増加はこれからの清酒の需要拡大に向け楽しみなところです。
 試合も3対2で日本ハムが勝利し、連敗を6で止めることができました。
これからも、日本ハムの勝利を願い、北海道産清酒を飲みながら応援しましょう。
 次回の試飲会は9月29日(金)の楽天戦を予定しています。
 勝利を誓い、道産清酒の新たなメンバー(製品)で臨みたいと考えています

ホクレン てんさい糖 スペシャルナイター 道産清酒試飲

ファイル 150-1.jpgファイル 150-2.jpgファイル 150-3.jpgファイル 150-4.jpg

 平成29年6月10日(土)の「ホクレン てんさい糖 スペシャルナイター 日本ハムファイターズVS巨人戦」(札幌ドーム)において北海道産清酒の試飲会を行います。
 道内11蔵の純米吟醸酒、純米酒など、写真の北海道の地酒一覧の酒類を用意しています。 お好きなお酒をお選びください。
 ただし、試飲数量に限りがありますので、お早めに試飲会場においでください。
 なお、未成年の方、車を運転する方の試飲はできません

全国新酒鑑評会の結果と「全国新酒鑑評会公開きき酒会」のご紹介

ファイル 149-1.jpgファイル 149-2.jpg

 平成28酒造年度全国新酒鑑評会(全国の大吟醸酒クラスの酒質と品質を評価する。)の結果が平成29年5月18日に公表されました。
 北海道からは10蔵が出品し、4社が入賞、うち2社が金賞を受賞しています。
受賞蔵は金賞が日本清酒㈱、国稀酒造㈱の2社、入賞が曲イ田中酒造㈱、男山㈱の2社と、残念ながら前年の金賞4蔵、入賞4蔵を下回る結果となっています。
 原料米の品質、気候に左右されない酒質が維持できる製造技術の向上のため努力して行きたいと考えていますので、道産清酒へのご支援よろしくお願いいたします。
 なお、平成29年6月17日(土)に「全国日本酒フェア」と同会場(サンシャインシティ)で開催される「全国新酒鑑評会公開きき酒会」(写真)では、全国の入賞酒(金賞を含む)を飲み比べすることができます。
 有料イベントですが、是非お越しください。

ミス日本酒と全国日本酒フェアのご紹介

ファイル 148-1.jpg

 平成29年5月30日に2017ミス日本酒 グランプリの田中 梨乃さん(愛知代表:写真)と一般社団法人ミス日本酒の理事 大西 美香さんが北海道酒造組合を訪問されました。
 ミス日本酒は全国の清酒イベント等に参加し、日本酒及び日本酒の魅力を伝える、地域の食と・農産業に親しむ活動などに参加しています。
 北海道の海産物・農産物と日本酒とのコラボイベントなどの開催の際にお声かけくださいとのことでした。
 一般社団法人ミス日本酒のホームページアドレスはwww.misssake.orgです。
 なお、田中さんは6月17日(土)東京で開催される「全国日本酒フェア」にも参加されます。
 北海道酒造組合も同フェアの北海道ブース(45番)で23種類の清酒・リキュールと北海道のおつまみを販売します。有料イベントですが、是非お越しください。

すすきの道産酒愛好会のご紹介

ファイル 147-1.jpgファイル 147-2.jpg

 今回は、北海道産の清酒を味わい、道産酒愛好者の環を広げるとともに、会員相互の親睦を図ることを目的で活動している「すすきの道産酒愛好会」を紹介します。
 同会は写真の「すすきの道産酒愛好会例会日程」でおわかりのように年6回の例会(奇数月の第四火曜日)と忘年会を開催しています。
 例会では、清酒のきき当て、誕生日プレゼントイベントと例会ごとに決まっている酒蔵の開催時期に味わえる清酒約5種類を「海鮮家はこだて」の料理とともに楽しみます。
 平成29年5月23日(火)開催の第165回例会では、男山㈱(旭川市)の「純米大吟醸 北美月(道産好適米使用)」、「笹おり」、「純米生酒」、「御免酒」と「本醸造 北の稲穂」の5種類を味わいました。
 参加会員は写真のとおり、少し年齢は高めですが北海道産清酒を愛する気持ちは成年層以上です。
 同会では愛好会のより一層の活性化を図るため北海道産の清酒を知りたいという多くの方の新規加入を呼びかけています。
 なお、入会前に愛好会の雰囲気を確かめたいという方の例会への参加も可能となっていますので、7月25日「小林酒造㈱(栗山町)」、9月26日「㈲二世古酒造(倶知安町)など、希望する例会開催日の2週間前までに、澤田イベントプランニング(電話090-2692-8040)にご連絡ください。
 清酒は永い友達です。適正飲酒で道産清酒の需要拡大にご協力よろしくお願いいたします。