記事一覧

北海道内の清酒の消費状況

ファイル 181-1.jpg

 札幌国税局のホームページに「平成29年度の酒類の消費状況」が掲載(平成30年12月21日)されました。
https://www.nta.go.jp/…/organ…/sapporo/sake/shohi/pdf/01.pdf
 北海道内の清酒の消費数量は21,438 klと前年度に比べ404 kl減少(前年比98.2%)と平成25年度以降、減少が続いています。
 また、平成29年度の道内清酒製造者の道内出荷数量(北海道酒造組合集計)も4,119 klと前年度の比べ107 kl減少(前年度比97.5%)しており、道内の清酒消費数量に対するシェアは19.2%と前年度に比べ0.1ポイント減少しました。
他の県では地元で製造された清酒が店頭に並び、県の消費数量に占める県産酒のシェアが60%を超える県も多く見られます。
 清酒は酒米(北海道内の道産米使用割合60%)で醸造され、消費数量の増加が酒米生産農家の作付け増、そして、酒販店、飲食店などの活性化に結びつくものと考えています。
 ご支援よろしくお願いいたします。