記事一覧

北海道2017「パ酒ポート」の発売開始

ファイル 143-1.jpgファイル 143-2.jpgファイル 143-3.jpg

 北海道2017「パ酒ポート」(北海道広域道産酒協議会)の発売が平成29年4月27日(木)から始まりました。
 販売場所はスタンプラリー参加酒造所、JTB北海道27店舗や道内有名書店などとなっており、価格は500円(463円+消費税)です。
 スタンプラリーに参加している清酒蔵は、千歳鶴酒ミュージアム(札幌市)、田中酒造亀甲蔵・本店(小樽市)、北の錦記念館(栗山町)、高砂明治酒蔵(旭川市)、男山酒造り資料館(旭川市)、国稀酒造(増毛町)の6社です。
 今年の「パ酒ポート」の大きな変化は写真でもおわかりのとおり、地酒情報満載の本(約90ページ)となっています。
 清酒蔵の特典としては、お楽しみ抽選、お猪口プレゼントなどがあります。
 また、北海道酒造組合からの特典としては、平成29年10月11日(水)に開催予定の「北海道地酒&鮨フェア」(札幌パークホテル)及びさっぽろ雪まつり「北海道地酒販売所」(大通西10丁目)会場で「パ酒ポート」を提示いただくと100円のショット券をプレゼントします。
 ただし、「北海道地酒&鮨フェア」はチケットを事前購入(当日券はありません。)していただき、北海道の清酒・本格焼酎約70種類(ショット販売します。)と鮨・酒肴弁当(食べ放題ではありません。)を楽しんでいただくイベントとなっておりますので、ご注意ください。
 未成年者の飲酒や飲酒運転はやめ、事故の無い楽しい旅をしましょう。
 北海道酒造組合では、フェイスブックによる最新イベント情報の発信も行っています。道産酒ファンの拡大と多くの方の「いいね」をお待ちしてい