記事一覧

札幌国税局 平成28年度新酒鑑評会の結果

ファイル 140-1.jpgファイル 140-2.jpgファイル 140-3.jpg

 札幌国税局は平成29年4月10日に平成28年度新酒鑑評会(道内11の蔵元が次の3部門に105点を出品)の金賞蔵を発表しました。
 「道産米吟醸酒の部」は日本清酒、高砂酒造、国稀酒造、福司酒造の4社、「吟醸酒の部」は日本清酒、男山の2社、「純米酒の部」は曲イ田中酒造、高砂酒造、男山、国稀酒造の4社となっています。
 写真は報道機関の取材を受ける局鑑定官室長と北海道酒造組合林会長(中央)、製造技術研究会で金賞受賞酒を含む出品酒の香りや味の特徴を確かめる製造担当者の真剣な姿です。全ての蔵が金賞を目指して醸造技術を磨き続けます。