記事一覧

平成26酒造年度「全国新酒鑑評会」で北海道は好成績!

 平成26酒造年度「全国新酒鑑評会」において、北海道は好成績を収めました。(酒造年度とは、お酒の造りに合わせて7月~翌年6月。)
 結果発表は5月20日に公表されました。
 北海道は13蔵のうち11蔵がエントリーし、入賞が8蔵、うち金賞が4蔵です。
入賞蔵:北の誉酒造、田中酒造、日本清酒、高砂酒造、合同酒精
(大雪乃蔵)、男山、福司酒造、碓氷酒造所
うち金賞蔵、北の誉酒造、合同酒精・大雪乃蔵、男山、福司酒造
 都道府県別入賞状況では、北海道は入賞率72.7%で4位、金賞率36.4%で13位の成績で、昨年度とほぼ同様な成績です。
 今や、北海道清酒は醸造技術の上でも上位となっております。
 間もなく、北海道酒造組合の関係イベントをHPに公開しますが、本年度も、どうぞご愛顧の程、よろしくお願いいたします。
 ※「増毛えびまつり・地酒まつり」が5月29日(土)30日 
  (日)の2日間行われます。
   国稀酒造は、蔵開放行事が行われます。
   毎年、大変な人出となり、札幌からの道路状況はピーク時に  は渋滞気味となりますので、ご注意ください。
   お出掛けは、早朝がお勧めです。
   詳しくは、国稀酒造HPの「蔵だより」をご覧ください。
    http://www.kunimare.co.jp