記事一覧

さっぽろ雪まつり「北海道の酒 ショット&ボトル販売所」開設

ファイル 194-1.jpgファイル 194-2.jpg

 さっぽろ雪まつり期間中(2月4日~11日)、大通公園西10丁目UHBファミリーランドに「北海道の酒 ショット&ボトル販売所」を開設します。
 営業時間は午前11時 ~ 午後8時(最終日は午後6時)までとなっています。
 日本酒などのおみやげ品選びは午前11時~午後4時頃がおすすめです。(地方発送も可能です。)
 午後5時を過ぎると仕事帰りの方も集まり小売価格で日本酒などが飲める立ち飲み店の様になります。
 北海道内で醸造された清酒、本格焼酎やリキュール類など約70種類をショット(80 ml)で販売(100円~750円)します。
 気に入った商品はボトル購入も可能です。
 出品商品などの情報は北海道酒造組合フェイスブックに掲載します。      https://www.facebook.com/hokkaido.sake/

平成30年度の北海道内の酒類消費数量

ファイル 193-1.jpgファイル 193-2.jpg

 平成30年度(平成30年4月~平成31年3月)の北海道内の酒類消費数量が発表(令和元年12月)されました。
 酒類全体では382,529㎘と前年度より7,421㎘減少(前年度比98.1%)しています。
 清酒の消費数量も20,308㎘と前年度より1,130㎘減少(前年度比94.7%)しており、これに連動するように北海道内で醸造された清酒の道内への出荷数量も3,962㎘と157㎘減少(前年度比96.2%)したものの道内消費数量に占める割合は19.5%と前年度の19.2%を若干上回りました。
 2019年度もあと3か月、北海道産酒造好適米「吟風」「彗星」「きたしずく」を使用した純米大吟醸や純米酒なども多く醸造されていますので、是非、海外・国内の観光客の皆様に北海道の食とともにご提供いただき北海道全体が元気になるようご支援くださいますようお願いいたします。

「2019年 全道きき酒チャンピオン大会」終了

ファイル 192-1.jpgファイル 192-2.jpg

 「全国きき酒選手権大会」の北海道予選を兼ねた「全道きき酒チャンピオン大会」が令和元年9月11日(水)開催され、小雨の中事前登録した60名が参加しました。
 優勝者は全問正解(7点)の豊田 様(女性)で、令和元年10月25日(金)開催の全国大会に北海道代表として、2018年優勝し全国大会に参加した洞口 様(男性)とともに参加します。
 なお、準優勝及び入賞は、5問正解者8名によるプレーオフの結果、準優勝は古野 義雄 様(男性)、第三位は畠山 未奈 様(女性)となりました。

ホクレン北海道農業応援DAYで日本酒試飲サンプリング実施

ファイル 191-1.jpgファイル 191-2.jpg

 2019年9月14日(土)日本ハムファイターズ対ソフトバンクの試合会場(札幌ドーム)で「ホクレン北海道農業応援DAY 日本酒試飲サンプリング」を実施いたします。
 今回は写真のとおり、道内12酒蔵の北海道産酒造好適米を使用した大吟醸酒、吟醸酒など、サンプリング酒がレベルアップしています。
 試合開始前に是非お立ち寄りください。お待ちしています。

全道きき酒チャンピオン大会の受付終了

 令和元年9月11日(水)開催の「全道きき酒チャンピオン大会」申込受付を9月2日(月)午前11時30分をもちまして、終了いたしました。

ページ移動